仙石東北ラインの不思議

先日矢本に行き、仙台迄帰りの切符(670円)を買おうと
矢本駅
運賃表を眺めていると、面白い事に気が付きました
11_.jpg
あたなは分かりましたか?では問題の部分をアップに
区間外の謎
塩釜410円、それより遠い松島がなぬ?240円?
では松島迄の切符で塩釜で権利の過少行使をして降り
仙台迄買い直したら同じく240円なので
トータル480円で済むのですか?
19.jpg
ボクはある程度回答に納得しましたが、圏外の皆様も是非考
えてみて下さい。東京の大崎辺りの考え方が参考になるかな?
※Suica運賃はややこしくなるだけなので割愛してます

その他にもこの路線は、東北線分岐辺で2回も停車したり
しかも下りの2回目はもの凄く長い時もあります(多分高城町
駅で行き違いする上り列車が、駅に着いてないのでしょう…)
交流・直流と双方電化方式が違うとはいえ、交直対応電車
若しくは烏山線のような蓄電池駆動電車を使うでもなく
気動車を使ったり(多分コストでしょう…)、謎が多いのです
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

Goseki

Author:Goseki
行政書士でもある

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロガーのHP